小僧
1365 views
タグを編集する

ソロモンセッタのすゝめ(オススメはしない)←は?

こんにちは、バックアップの取り損ねで大損失を決め込み、萎えて4ヶ月くらい冒ギルから逃げていた小僧です。

久しぶりに覗いたセクレタリでザリガニさんの金剛杵セッタ記事に勝手ながら触発されたので、今回はタイトルの通り「ソロモンセッタ」について思うことや個人的な使用感とかをだらだらっと記していきます。

鬼神セッタ(アタックフォルム)

普段は神出鬼没だったり、ふざけた振る舞いでなんだかよく分からんムーブを見せつけてくれますが、物語の随所で持ち前のパワーーーー!を振るい、ギルドの躍進を支えてきた鬼神セッタヤーーーーーーーーー!

そんな鬼神の姿と鬼剣(拳)の活躍を見てきたギルドマスターなら誰しもが一瞬は必ず

セッタをアタッカーで使ってみてぇなぁ…♪

…と思うものです。

しかし、いざセッタをまともな攻撃役として動かそうとすると現実はそう甘くはない。

アタッカーセッタを志す者は皆、まずはじめにセッタ警察24時に目を通します、するとどうでしょう?そこにはセッタに攻撃役を背負わせることの面倒臭さが記され、さらにはほっっっとんど完成系のセッタと大量の噛み合い装備が並んでいるではありませんか!

その光景を目にした多くの人は

ナニコレ?無理じゃね?キッツぅぅぅ

…となります(なりました)

そんな大量の刀、他から剥ぎ取っても用意出来ないよ…

良い小手は全部レオンとエ狩が持ってった

といった声もどこからか聞こえてきます。

そんな感じで多くの場合、セッタアタッカー計画は実行に移される前に頓挫すると思われます。

リソース弱者に希望は無いのか?

刀が足りない、小手も足りない、しかしそれでも夢のアタッカー起用を諦めきれない…そんな方への1つの選択肢が「ソロモンセッタ」だと小僧は考えています。

セッタの猛々しいであろう指にソロモンの指輪をはめると、刀と小手じゃ必須超レアを賄いきれないよ!!という問題を改善することが出来ます。

普通のセッタではアイテム欄を出来る限り刀と小手だけで埋めたいところですが、ソロモンセッタでは第3勢力「その他装備」が超有力な選択肢になり、選べる装備の幅が広がり、アタッカーとしての実用圏内に持って行きやすくなります。

↓例として小僧が使ってる鳥居向けセッタです
image
imageimageimageimage
どうでしょうか?結構ハードル下がった感ないですか?

セッタ警察と睨めっこしながら取捨選択した結果、刀の枠が9つ、小手4つ、その他8つって具合に落ち着きました。

その他アイテムを装備し、刀の数が減ることで自然と良質な小手の要求ハードルも下がります。

  • 天に与えられし壊れた盗賊の小道具
  • 奇跡的な恐ろしい大怪盗の小道具
  • 永久なる壊れた座敷童子の頭巾

このあたりのふざけてんのか!?って言いたくなるようなアイテムもソロモンとエメラルドの力で十分選択肢になり得ます。

壊れてるからって一応ネバネバしないでおいた超レアその他があなたのギルドにも眠っていませんか??もしかしたらここで輝くかも知れません…

運良く噛み合い恐竜の卵がセッタに回せればおい!それ寄越せ!ソロモンの瞬間蘇生と相まって

味方を蘇生→敵を殴り56し魔力回復!

という僧侶でありながらも敵を滅するカッコいいムーブも可能です。

希望が見えてきたぞ!…でも…!

装備のハードルが下がり、使っていなかったアイテムも活かせるし性能もまぁまぁ良い感じのソロモンセッタがなんだか良いビルドに見えてきたんじゃないですか?
この辺で小僧が感じたソロモンセッタの良いところや悪いところをまとめていこうと思います。

装備の敷居を下げてまで起用したセッタですからね?そりゃ良いとこもあればしっかり悪いとこもあります!
残念!

  • 小僧的ソロモンセッタの良いところ
1.セッタをアタッカーに出来る

アタッカーにするためにソロモン持たせたんですからそりゃ当たり前なんですが、セッタを攻撃役にするというロマンを満たすこととこのギルド成長したな感を味わうための近道としてソロモンセッタは結構良いビルドだと思っています。

2.カンストがあれば割とすぐ出来る

刀では獅子王刀、フロストメイスなどが継承しやすく、その他指輪に至っては好きな超レアが選び放題という快適っぷり!好きな超レアを壊してエメラルドつけよう!

3.擬似2僧侶体制が可能

攻撃役でありながらセッタは現職僧侶でソロモン持ちなので先制や高速行動をつけない限り、瞬間蘇生が割と期待出来ます。
1枠すでに攻撃役が埋まっているので、もう1枠メインの僧侶を入れてより強固なパーティを編成するといったことも可能(でも純粋な僧侶ではないので過信は禁物)

  • 小僧的ソロモンセッタの悪いところ
1.逃れることの出来ないカンスト&エメラルド問題

カンストさえ十分にあれば結構どうにかなるのが良いところなんですが、裏を返せばカンストが無いと何も出来ないことになります。これはソロモンの有無関係なくセッタがセッタであり続ける限り付き纏うようです。

エメラルドに関しても魔回変換が重要なことに変わりないのでありったけのエメラルドを用意する必要があります。
小僧はエメラルドが足りないのでジルコンで誤魔化してます
結局重要なのは選べるアイテムの幅は広がるけど、要求される宝石の量は相変わらず多いということです。

2.将来への不安がなんとなく付き纏う

ソロモンセッタを強くするために刀にも勿論カンストを砕きましたし、自分の場合カンストを10個前後使って超レア壊れ狂信の指輪を2つ作りました。

これで無事強くなってくれたのは良いのですが、将来的にソロモンセッタから刀まみれセッタにシフトした時に、これらの指輪が腐るんじゃないか?といった若干の不安が付き纏うことになりました。

まぁピグがいるからどうにでもなるんだろうけどねぇ…まさかねぇ…

3.弱い

おい!わざわざ弱いビルドについて書いてたのか!?

いや!違うんです!あ、いや…そうだけど違うんです!

ソロモンセッタは残念ながら弱いと思っています。
必殺が出るか否かでダメージに天と地、レウスとレイアもビックリするほどの差が出るセッタにソロモンの必殺率最大値ダウンが効くぅ〜〜
必殺出た時の馬鹿火力は気持ちいいけど、出なかった時のしょぼくれたダメージが悲しいよ…

  • 非覚醒&非必殺の素雷鳴剣

image

  • 覚醒&必殺パワーー雷鳴剣

image

  • 必殺通常攻撃&しょぼくれ再攻撃

image
セッタを使う時の醍醐味である脳汁億超えダメージが拝みにくくなるのはガッツリマイナスポイントですね。

…とは言ってもセッタ界では弱い方ってだけでアタッカー界では十二分にパワフルで全然余裕で使える性能を持っています。
ソロモンパワーでよく覚醒したり、山崩したりするようになったりと良いところもあります。

4.襲いくる「妥協してる感」

完成系は遠過ぎるけど、背伸びしてセッタを使いたいという願望を具現化したために発症するこの病。
使っているとどこか妥協してんな〜って感覚に包まれます

アイテム欄に並ぶその他装備を見るたびに

あ〜刀だったらなぁ〜

…と思ってしまうこと間違いなし

で、結局ソロモンセッタどうなの?

どう足掻いても貢いで接待しなきゃいけないアタッカーセッタですが、個人的にはソロモン仕様を起用してから今に至るまで、作ったことを全く後悔していません。
ですが人に推し進めていこう!とも思いません

強いてこんな人にオススメ!と言うのなら

  • ちょっと無理すればソロモン無しで7PT編成出来る
  • 良い刀がほんの少し余っている
  • セッタへの愛が多少なりある
  • 宴をセッタ入りPTで安定周回したい

この4つのうち3つでも当てはまる人なら作って後悔はしないんじゃないかなと思います。

ここらでエンディング

アタッカーセッタ界の1つの選択肢逃げ道「ソロモンセッタ」について個人的に思っていることを長々と書きましたが、いかがだったでしょうか?
使用感伝わりましたでしょうか?

セッタをアタッカーにしたい場合、どうしても多くのカンストが必要になります。
カンストはいつまで経っても貴重品ですからその使い道はじっくり検討したいところ。

そこでソロモンセッタを採用しようとした場合、どんな装備が必要なのか?どんな性能になるのかを提示することで、アタッカーセッタを検討している人の参考になればいいなぁと思ってこのセクレタリを書きました。

皆さん良きカンスト散財ライフをお送りください

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

冒険者ギルド物語2

ゲーム紹介
前作

データ

アイテム
モンスター
スキル
種族
魔造生物
職業
個性

セクレタリについて

セクレタリとは
記事構文一覧

最新の5件

メニュー
読み込み中