ろーていく
1290 views
タグを編集する

ろーていくの再編覚書 3

今まで出てきたビルドなどは省略しているところも多い為、5〜7軍はまとめて投稿。

5.伝説の竜の巣

レア160.5 称号76.1 運27.8
・巨聖戦古
・屍僧戦エ
・ピ忍M賢
・兎君賢
・タロス盗M
・サ魔戦使

実験を兼ねたパーティ。
改善案は多いが大体安定してるので優先度は低め。

・巨聖戦古 対ブレス12%
格闘仕様。
自前で竜特攻1.6を持つので、適性はあるが巨忍に比べ行動回数が少ない。剣聖の連続攻撃ではカバーしきれていないと思うので忍が良さそう。

→ 3/20 巨忍戦古に変更

・屍僧戦エ 対ブレス12%
巨人がいるのでノームは無し。ゴーレム僧でも良かったが、育成済みが余っていたので屍に。

・ピ忍M賢 対ブレス8%
結界割り、キュア
同上。個性を賢にすると、バベル46階のブリザードに若干耐性ができて良い。
HPの底上げのため、呪われしを装備

・兎君賢 対ブレス7%
省略

・タロス盗M 対ブレス3%
個人的な盗Mランキングとして、
アンデッド>>>エルフ、(リリーナ)、ピグ≧ゴーレム>>>>>兎
くらいなので消去法。
ブレスはもうちょっと甘めにしても良いかもしれない。

・サ魔戦使 対ブレス8%
ニュークリアを毎ターン撃つだけの簡単なお仕事。
ただし、必殺魔法型ではなく魔攻と魔法威力を高めている。
恐ろしい竜の巣、大蛇以外は必殺魔法要らない説と、サイキックの個性使い魔強い説を同時検証中。

諸々

伝説の竜の巣においても、やはりブレスとキングドラゴン絡みの編成がネックとなるのだが、キチンと耐性を整えていけばそれほど問題はない印象。
恐ろしい竜の巣と同じく、編成によっては敗走する事もある。
巨忍、ピグ賢あたりに改築予定。
サ魔戦使はいいぞ

6.恐ろしい神魔1

レア145. 9 称号76.1 運29.3
・ダ剣戦隠
・屍盗Mエ
・エ君賢賢
・ピ忍M古
・兎僧修
・ノ秘戦賢

唯一、NPC及びゴーレムが入っていない隊の為自由度が高い。
即時キュア目的でエルフを入れたかったので、森の民風味のパーティにしている。

・ダ剣戦隠
ノ秘と合わさり1ターンに10回くらい攻撃してたりするので数値以上に強い。
若干攻撃足りないので次に壊れ雷神剣が出たらもたせたい。
トレハンという諸悪の根源

・屍盗Mエ
安定。バリア張ったら着火要員に。

・エ君賢賢
アタックアップ、即時キュア。
個性を賢にする事で、ほんわかと反射回復の数値を底上げ。
兎やピグを後列にできるのも強い。

・ピ忍M古
置物、着火要員。
個性が古である必要が無いので、捨て子あたりに置き換え予定。

・兎僧修
まさかの兎僧二体目。
パーティにもよるが、耐久、敏捷の高さなどのデメリットより兎を5列目に置けるメリットの方が勝る場合も多い。

・ノ秘戦賢
エルダーズを半壊させるくらいの火力と、圧倒的着火性能をもつ。いつか秘賢にしてカクバズを持たせた型にしたい。
忘却は幻軍のみ

諸々

トレハンの縛りが緩い為、比較的楽に組めたパーティ。
ノ秘+剣士は評判通りとてもつよいが、それなりのリソースをつぎ込まないとノ秘の火力が出づらい。
バベルもほぼ安定、行き先もレバノンアマゾネス等なのでほぼ改善点は無い。
ダ剣の攻撃が28000ほどなので、底上げをしたいくらい。
ログが楽しい。

7.恐ろしい神魔2

レア160.5 称号76.1 運29.0
・ピ忍M古
・屍盗M賢
・兎君賢
・ゴリアテ秘戦
・ノ僧修エ
・エ狩侍鷹

今回の再編の歪みを一手に引き受けたようなパーティ。
バベルの48階でそれなりの確率で帰還する。

・ピ忍M古
個人的にピ忍Mの火力は信用していない為どちらかといえばサブアタッカー。やはり三列目あたりに置きたい。

・屍盗M賢
ゴリアテの火力は期待できない為、バリアを張った後にブレスを吐く。
ブレス装備の屍盗Mが2列目に立つのは本当は避けたいが仕方ないところ。
ブレスが強くなってくるのは5ターン目以降だと思うが、本当はそれまでに決着をつけたい。

・兎君賢
戦車、キュア要員。
ミラクルヘヴィメイルと、ローブをひたすら着込みなんとか三列目に立つ。
やはり征するが無いと3列目は避けたい。

・ゴリアテ秘戦
物理主体のパーティの為、結界が分厚い階層を素早く抜ける用に秘法剣士にしている。
キュアやサブヒーラー、ロア焼きも果たしており便利だが、先制と高速両方持たせていてもアタッカーより後に動いてしまうことも多い。
1週目では大エースを張っていたゴリアテさんには感謝の念が絶えないが、今はニッチな役割となっており諸行無常である。

・ノ僧修エ
個性は使い魔にしたいが、消去法でエリート。
最低限の耐久、回避をなんとかキープ。
ギルド内で唯一アンチヒーリングを打っている僧侶。

・エ狩侍鷹
勢いでカンストを砕いてしまった為、使う事が決定した。
エ狩侍鷹はとても強いがやはり重装なのはネック。
伝バベで安心したいなら、攻撃10万、命中25000くらい欲しいと思われる。
サキュバススーツを着て、心ばかりの魅了対策をしている。
いつのまにかカンスト宝石を10個ほどつぎ込んでいた…

諸々

リソース不足&ゴーレムという縛りにより、負の部分を全て引き受けてしまった。
結局、エ狩にカンストをつぎ込みなんとか9割ほどの踏破率で落ち着いた。
おそらくこのままの編成で行くならば、狩人の攻撃が15万、もしくは征するを2〜3個つぎ込まないと安定は難しいと思われる。
もしくはピ忍→巨忍、ノ僧→ゴリアテ僧あたりを検討。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

冒険者ギルド物語2

ゲーム紹介
前作

データ

アイテム
モンスター
スキル
種族
魔造生物
職業
個性

セクレタリについて

セクレタリとは
記事構文一覧

最新の5件

おすすめ投稿

メニュー
読み込み中