Kohmai
6608 views
トレジャーハンティング
タグを編集する

Wピグ・エルフの運勢最大のフルトレハンへの道

だいぶ伝バベが安定踏破出来てきた頃に書き連ねた、Wピグ エルフを取り入れたビルドの評価をします。
※Ver7環境による

1. フルトレハンとは
様々なギルドによって宗派がおり、何をもってしてフルトレハンと呼ぶのかは議論を招きます。
ここではその中で2番目に過激な宗派である、運勢最大・時短最大・レア倍率最大・称号倍率70超え(全てレアに称号がつく)で7パーティ(班)最適化をした構成をフルトレハンと呼んでいます。
ちなみに一番過激な宗派は、運勢をさらにあげるためにリリーナのいる班において、ボス戦でハッピーラビットだけを確実に戦死させて、パーティの運勢を底上げするという思想を持った人達です。運勢はパーティ内の生きているメンバの運の平均であるため、魔造で運が25しかなく、サイボーグとトレハンスキルが被っていて時短目当てだけのハッピーラビットは、ボス戦ではもう不要なのでいなくなったほうがいいわけです。ここではそこは割愛します。

2.Wピグ ダブルピグ?
ラビチケ課金すると称号倍率1.5倍行くため、ノーム/巨人が居なくてもレアに皆称号がつく水準に到達できます。これによりフリーの枠が出来、運35というトレハンの為のキャラであるピグを組み込み、1班に2体のピグを取り入れる事で理論上最大のトレハン効率を狙うというものです。

3.運勢上がると何がいいの?
各種実測結果より表示されてるレア倍率、称号倍率にさらにボーナスが加算されると考えられています。
運勢1の差がどれぐらいか式は判明していませんが、冒ギル1では100/(100-運勢)ぐらいの補正がついていた(式はあやふや)との事で、レア取得倍率が1.02倍ぐらい良くなってるのではと期待しています。
良称号のアイテムが落ちやすくなるかについてはレアアイテムは否定する実測結果があります。(ノーマルアイテムは別で、運勢が上がると良称号の割合が増える様子)

4. 課金してたったの1.02倍レア率増えるだけ?
そうです。別の見方をすると、月1500円相当を払っててもこの程度の差しかでないのです。お財布に優しいですよね。
もちろん、掘り出し3倍となるメリット等もありますが、お布施と言われる所以です。

5. ビルドの基本思想
基本形はピグ、ピグ、アンデット、兎、エルフ、NPC です。

僧侶適正あるNPCは、セッタ、オメガ、ケルベロスあたり。
攻撃適正あるNPCは、レオン、ゲオルグ
他は置物。
※現時点でのリソースではここあたりまでが壁でした。

6.僧侶担当
アンデット僧戦/僧賢が基本形
エルフは重装あって救出が安定しなくなります。ピグ僧も悪くないのですが、難度高いです。
兎はフルヒール3回があるため、2体目の僧侶で輝きます。
特にノーム、サイキックが居ないため魔法回数回復できず、厳しいものです。長期耐久戦になりやすいので、

7.攻撃担当
ピグ忍戦古(格闘 不死特攻2.4倍)
45階エルダーズを片付ける実力あり。2枠NPCでない班なら個性が一つ空くので是非ともつけたいところ。
 ピグ忍Mは世界を征するが30個ぐらい集まり出した頃合いから使い物になってきます。
1/100でも全滅事故が起こったり、半損して踏破出来ないとトータルで見た時のトレハン効率が落ちてしまうことになるので、無理は禁物です。

ピグ秘戦聖 (剣装備 竜特効3.24倍)
46階アステラルフィールド破壊役
長期戦時のブリザード連発が怖いが、この子がいると一気に片付きます。

ピグ剣戦◯
長期戦前提で激闘を貯めていくスタイル。主力魔法なし構成で輝きます。
剣にリソースが割かれるので現職戦士の護衛は欲しいところです。

ピグ聖戦◯
対大蛇前提役。追加ダメメインだが攻撃力も1.5万ぐらいないとエルダーズ有効打行かない感じできつめ。
ブリザード対策に装備持てないので速攻勝負。

エルフ忍戦◯
反撃主体の回避壁。バフと魔法を撃ち、反撃で結界を削る仕事。
慣れてきたら忍Mに移行しやすそう。

エルフ狩戦聖
狩人のポテンシャル最大に引き出せるはずのビルド。余りまくる良弓をふんだんに使えて高火力。
しかし重装があり追撃もクリティカル半減のせいでまともな火力が出ず、悲しい気持ちに
エルフ狩君聖や狩修聖でもいいかもしれない。

エルフ賢修賢
重装付きの賢者。サイキックもノームも居ないので速攻で魔法を撃ち尽くす賢者だが、重装もあって長持ち。ただ、結界を張る1、3、5ターン目に動くので秘が居ないと有効打が出ないのが難点。

ピグ賢修聖
その他杖使った全魔法アタッカー。出し切ったら終わりなので、速攻勝負。サイキック同伴してるが、いずれサ魔をエルフに置き換えたら用済みになる感が。

ピグ魔修天
その他杖の全魔法アタッカー。単独運用可能。ファイヤーボールはエルダーズを焼き切る事ができる。自力で魔力回復可能。
そして、劣化もしてくれるのでとても良いシナジー。修道があるので反撃も食らわず、安定するのもメリット。

8.防御担当 その他
エルフ君戦◯/ 戦君◯
壁。最前線で耐え、結界削り即時キュアで事故を防ぐ。
ただし、実際はなかなか壁役でエルフを採用しにくく、火力要員としてしたいさせたいところ。

ゴーレム戦君 守護持ち
恐竜の巣の最前線に立つ役割。ブレスも攻撃も後列守る役割。弱くなりがちなアタッカーを守りますが、ファイアードレイクの攻撃に落ちる事も、、

ハッピーラビット 兎盗M
火力不足とトレハンパズルのしわ寄せとして。噛み合い超レア揃えばHP5.5万ほど出るが、HP3.5万ぐらいでも恐竜の巣は回せます。征する前提。超レア噛み合いが出来ればHP8.5万は超える。

9.パーティの組み方
物理2枚魔法1枚、君主で物理底上げが美しい構成。
魔法2枚はNPCの力があれば良いが、ピグ/エルフ関連で組むのはきつめ。

格闘主体だと竜族相手に削りきれない自体が起こるため、剣装備して竜族特効は厚く持たせる必要あり。
剣持ち忍者もいいものです。

10.現職戦士の優位性
ピグは脆いので、現職戦士を前線に置くのは有効。その分、剣アタッカーが2枠分ぐらいの防具を攻撃に回せるメリットがあります。

11.僧侶ブレス/アンヒ
アンデット僧戦だとアイテム枠が余る。トレハンアイテム持たせるのもありだが、回復をあげまくったアンチヒーリングはロアを焼く
のに命中も十分であり、物理特化パーティに有用。
ブレスを吐くのも、擬似的な僧侶M運用が出来て良い。ただし全体回復を気をつけることが大切。

12.所感
世界を征するがアタッカーがある前提、そして兎は当たり前のように盗賊M前提。
装備要求度が高く、噛み合い超レアを7パーティで取り合う事態になります。
伝バベ全軍無傷周回+恐宴を周回出来た頃に少しずつ切り替えていくのが良いタイミングだと感じました。
火力は弱くなり、防御も脆くなる、過酷な道となります故、ご覚悟をされてください。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

冒険者ギルド物語2

ゲーム紹介
前作

データ

アイテム
モンスター
スキル
種族
魔造生物
職業
個性

セクレタリについて

セクレタリとは
記事構文一覧

最新の5件

おすすめ投稿

メニュー
読み込み中