ふみやさん
796 views
ファウスト
ストーリー攻略
攻略
初心者向け
タグを編集する

それいけ!ファウスト先生

どうも、ふみやさんです。初投稿です。

本稿は1周目において例のあの方に大いに活躍していただこうという布教活動であります。
私自身が1周目途中で大変恐縮ではございますが、忘れる前に筆を執らせていただきます。

誤字・脱字・内容の不備などございましたらご指摘ください。直します。

ファウスト先生というお方

ストーリー中屈指の強キャラ「暗黒卿」にして、実際の性能も加入時点ではべらぼうに高いファウストさん。冒険者たちを時に厳しく、時には厳しく、そしてやっぱり厳しく引っ張っていくそのお姿は、まさに引率の先生と言ってもよいでしょう。
しかし、わかりやすく目につくデメリットスキルの数々から採用を見送ったり、またはその単体性能の高さから一人で延々と同じ迷宮に向かわせていたりしていないでしょうか。
非常にもったいない。

本稿ではファウスト先生のメリット・デメリットを改めて解説し、それらを踏まえたうえで1周目での使い道を考えます。
うまく使えばもりもり攻略を進めることも可能かと思いますので、欠片ほどでも参考にしていただければ幸いです、はい。

ファウスト先生の能力事情

ここがすごいぞファウスト先生

まずはファウスト先生のメリットを見ていきましょう。

  • 最大レベル200
  • 固有装備による基礎能力の高さ
  • [1.50]アイテム獲得倍増
  • [2.0倍]アイテム攻撃力/防御力/魔法攻撃力/魔法防御力
  • [1.3倍]魔法威力
  • [-25%]混乱に強い
  • [1/2]ブレスに強い
  • [吸血]吸血抑制
  • [戦術]活性蘇生

加入当時に強く感じるのは基礎能力の高さのおかげですかね。宝石改造などの手間なくほぼ上限になっているので、ろくに基礎能力の上がるアイテムを持っていない頃から活躍が見込めます。
そしてなによりアイテムでるでる互換のレア倍率を持っているのがえらいです。アイテムでるでるとは終盤に獲得することができるトレジャーハンティング用装備です。見ての通り1.5倍という高倍率です。だからこそ初めに使わないのはもったいないと申し上げたわけであります。

活性蘇生は後程詳しく説明します。一言でいうと、ファウスト先生は実は惑星ベジータのご出身であったということです。どういうこっちゃ。
他は見ていただければわかるので説明は省かせていただきます。

ここはダメだぞファウスト先生

これだけ高い能力を持つファウスト先生ですが、同程度抱えているデメリットスキルの数々が圧倒的使いづらさをもたらしています。

  • [敵対]全てを攻撃
  • [皆無]罠解除能力
  • [半減]アイテム装備可能数
  • [半減]最大HP
  • [戦術]まどろみ
  • [0.10]獲得経験値

意外と見落としがちなのが[皆無]罠解除能力でしょうか。
このゲームにおいて敵を倒した時にドロップするのはアイテムではなくアイテムが入った宝箱です。その宝箱を罠解除能力によって開けることで初めてアイテムをゲットできます。そのため盗賊や忍者がパーティに必要とされるわけです(それだけではありませんが)。
一方ファウスト先生は皆無です。問答無用で1に固定される固有スキルです。ほかに解除担当がいればいいのですが、一人で延々ホルン遺跡あたりに潜らせていたりしませんか? 私はしておりました。

[敵対]全てを攻撃は文字通り敵味方関係なく攻撃します。ただし[保護]○○保護の対象は除きます。
アイテム装備数半減はかなり痛いスキルです。このゲームの最終盤ではいかに超レアを積めるかがミソになっていくようですから、そもそもの枠が少ないのはきついところですね。序盤でも必要な耐性スキルが積めずに脆くなるということが起こりえます。
[戦術]まどろみは3ターンに1度だけ行動回数を消費する行動をします。反撃などは関係ありません。
[0.10]獲得経験値は実際に育成すると数値以上につらく感じます。

なかなかどうして癖が強すぎることがわかっていただけたかと思います。以上を踏まえて、次項では実際の運用方法をいくつかご紹介出来たらと思います。

ファウスト先生の採用例

①殴られない人たちと一緒に

ファウスト先生はストーリーが進むにつれて[保護]リリーナ保護、[保護]魔造生物保護、[保護]ゲオルグ保護、[保護]ファリア保護の4つのスキルを覚えます。これらに該当する味方は殴らないようになります。
ストーリー的にはこのメンツで組むのが正解なのでしょうが、さすがにいろいろ足りなさすぎるのでまず組まないでしょう。
ただ、少なくともファウスト先生単体で迷宮に行かせるよりはだいぶましです。

また似たような考えでパーティアタックの発生しない迷宮に採用するという手もあります。呂布戦とかですね。
小ネタですが、迷宮の説明に明記されているファウスト先生やゲオルグ氏以外のパーティアタックも無効化されます。(核武装ゴーレムの出番)

いずれにしても選択肢が狭すぎるので現実的ではないですね。

②殴らせなければいいじゃない

やはりファウスト先生のデメリットで最も気になるのはパーティアタックであると思います。であれば殴らせなければいいのです。
どうするかというとファウスト先生の装備欄の一番下にある行動率をすべてゼロにするのです。僧侶魔法を使わせるくらいなら防御でいいと思われます。
いわゆる壁戦士、置物戦士という役割です。またレベル50で獲得する魔法反撃によって剣士の魔法支援などを誘発したり、多少のダメージを期待出来たり、魔法結界を割ったりという+αのお仕事ができます。

装備は耐性スキルを積むように選んでいけばいいのではないでしょうか。あとは回避を積んで避けるよりは防御を高めておくと[戦士Lv30]不死身の効果もあっておいしいです。反撃のマジックアローの威力は捨て置いて構いません。

似たようなビルドとして吸血鬼戦士マスターが考えられます。比較すると、

ファウスト先生のメリット
  • [2.0倍]アイテム防御力などのおかげで耐久は確保しやすい
  • 最大レベル200のおかげで最終的なステータスも高い
  • ブレス弱点がない
吸戦M〇のメリット
  • 個性が選べる(捨て子が第一候補か)
  • [戦士マスターLv15]鉄壁で後列の物理ダメージが1/2に減らせる
  • 装備数が多い
  • パーティアタックしないので攻撃させてもいい

こんな感じでしょうか。基本的にはファウスト先生だけで十分だと思います。

③そうだ、活性蘇生しよう

これより先が本編です。これまでの長文はすべて前置きです。

ファウスト先生は活性蘇生というスキルによって死に瀕するたびにアタッカーとして覚醒します。さながら「穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた伝説の戦士」といったところでしょうか。私はドラゴンボールでは人造人間8号が好きです。

活性蘇生とは

まずは今更の話かもしれませんが、活性蘇生について解説しましょう。
活性蘇生は[不死Lv50]即時蘇生の発動時にデメリットスキルが解除され、ランダムでスキルを得ることができるようになります。ファウスト先生、へリウス氏、魔造生物イザナミが持っている能力です。
当たり前ですがレベル50にならなければ即時蘇生が発動しません。また、デスマーチや僧侶の蘇生などでは発動しません。

デメリットスキルにも解除できるものと解除できないものがあります。一覧表が見当たらないので私が把握している範囲でざっくりと並べてみます。おそらく漏れや誤りがあります。

解除可能なスキル
  • [半減]○○(最大HPなど)
  • [弱点]〇〇に弱い(攻撃に弱いなど)
  • [弱点]〇〇(ファイヤーボールなど)
  • [戦術]鈍足行動/待機行動
  • [戦術]重装/まどろみ
  • [敵対]すべてを攻撃
  • [-5%]HPダメージLv1
解除できないスキル
  • [皆無]罠解除能力
  • [無能]〇〇(回避能力など)
  • [0.8倍]攻撃威力/魔法威力
  • [吸血]吸血衝動
  • [5%]暴走
  • [5%]魔力暴走

小ネタですが、スキルの一文字表示で明確にデメリットな漢字が振られているものは解除でき、メリットスキルとデメリットスキルが同じ漢字のスキルは解除できない傾向があります(「弱」の[半減]攻撃力は解除出来て、「攻」の[無能]攻撃力は解除できないなど)。ただし、例外もあって、例えば[弱点]サンダーボルトは[抵抗]サンダーボルトと同じ「雷」表記ですが解除できるます。あくまでも参考程度に。

獲得できるメリットスキルはなんと一覧表があります。こちらを参照してください
見ていただくとわかると思うのですが、なかなかすさまじいラインナップです。マジックアロー関連は一個でも得られれば火力が大きく上がります。

活性蘇生を活かすために

活性蘇生を活かすためにはファウスト先生の装備も普通のビルドとは違った気の使い方をしなければなりません。

即時蘇生がキーとなりますので当然ファウスト先生には死んでもらう必要があります。死ねば死ぬほどいいです。
したがって耐性を積んではいけません。[弱点]攻撃に弱いなどを積みましょう。反撃機会も増えるので[無能]回避能力を積むのもいいかもしれません。
ただし活性蘇生しても変換系スキルの再計算は行われないので[半減]防御力などを積むのはちょっと考えどころかと思います。

意図的に脆くしている関係上、敵に先に動かれると何もできずにまた沈むことになりかねないので、高速/先制行動を積めるとよいです。超レアの石にめり込むを持たせた神風仕様がいいですかね。

物理と魔法のどちらの火力を伸ばすかはいろいろ考え方があるかと思いますが、マジックアローの威力を増やす装備をつけてあとは各々の宗派に従ってください。私は変換での命中確保もかねて何となく魔法寄りにしています。
最終的には成長倍率や攻防変換などを積むために枠がカツカツになるのではないかと思っています。

またアタッカーなので行動率を100%にしますが、そうするとパーティアタックの危険性があります。重装も付けて行動ターンを減らしましょう。活性蘇生すれば消えるのでつけない理由がないです。

具体的なパーティ例

ここではざっくりと2つほどパーティを紹介します。本当にざっくりしているのでエッセンスを読み取って自分でパーティを構築していただければいいかと思います。

呂布戦

まず呂布戦想定のパーティです。ファウスト先生の出撃制限がなくなりますし、初見の呂布はおそらくファウスト先生抜きでは相当厳しいかと思うので紹介するにはちょうどいいのです。

①ファウスト
②巨戦M捨
③リリーナ君
④へリウス
⑤ノ僧
⑥ピ盗修エ

自分のクリアパーティが見つからなかったので今組み立てたパーティですが、おそらく全員レベル50を超えていれば勝ちの目があると思います。
以下、個別解説をしていきます。
①神魔特攻は持たせましょう。あとレベル50にするのをお忘れなく。
②ファウスト先生を脆くするので代わりの壁が必要です。おそらくこの進度で耐久確保が簡単なのは巨人だろうと思い巨戦M捨にしていますが、ドワーフやドラゴニュートでもいいと思います。物理にひたすら強くしてずっと防御させましょう。
③君主がいるとファウスト先生の殴りが強くなります。リリーナにしているのはレア倍率目当てです。戦士のところで挙げた硬い種族の方が安全です。十分な耐久があるならアタックアップやサブヒーラーなどをさせる、ないなら防御、そんな感じです。
④ここは雑魚掃除できるアタッカーなら割と何でもいい感じはあります。へリウスはニュークリアで取り巻きを一網打尽出来たらいいなぁという気持ちで採用です。彼のメリットとして他種族の専用装備を付けられるので人間の物理結界を付けられる点があります。あとレア倍率があります。
⑤レベル70未満の僧侶はぶっちゃけ何でもいい気がしますが、いずれ僧侶は必要になるのでノームで作るといいと思います。
⑥盗賊は攻略段階で必要なのか問題はありますが、個人的には最初のターンに2回動いてバフやバリアを貼ってくれるのは便利だなぁと感じるので入れています。ビルドはメジャーなピ盗修エです。パーティの火力が足りていない場合は火力枠と入れ替えましょう。

基本はファウスト先生が気持ちよく殴り合えるように他のキャラでお膳立てします。装備がしょっぱくても、パーティ構成が練りきれていなくても、レベルが低くても、ファウスト先生が殴り勝つまで生き残れればワンチャンがあります。

ふみやさんの現パーティ

続いては私が今使っているパーティを紹介します。

①ファウスト
②ブロッブ君修
③デスナイト剣戦
④竜盗戦竜
⑤サキュバス僧賢
⑥リッチー魔M

魔造生物大好きなので魔造生物だらけです。個別解説も行きます。
①このパーティではサブアタッカーですかね。剣士の着火もしています。2,3回くらい活性蘇生すると壁としても強くなります。終わらないは持たせましょう。
②ファウスト先生が態勢を整えるまでの1,2ターンを物理結界で乗り切ります。前職が修道者なのはトレハン事情です。サブヒーラーや着火役をします。
③メインアタッカー、みんな大好きデスナイト。他のメンバーがひたすら魔法を打つのでそこから追撃闘争心で殴り倒します。格闘なので行動回数がなかなかです。
④盗賊であり、ブレスアタッカーであり、防御ブレス結界役であり、先制アタックアップ係であり、つまるところ何でも屋さんです。露払いに便利ですし、比較的硬くなるので死なない盗賊としてはアンデッド盗賊に次ぐんじゃないかと思います。
⑤ファウスト先生が確実に救出を要求するので、パーティヒール3回のサキュバス以外はつらいのではないかと思います。あとはノームかな。
⑥ここは迷いどころですがアンヒバグで3回魔法のリッチー魔Mにしています。破壊魔法での劣化や魔力吸収での無限ニュークリア・サンボルが非常に便利です。賢者はへリウスがいるので装備も余ってませんしね。

具体的にどこ対策とかもなくひたすら攻略や神魔巡りをしています。どのメンバーも耐久を積みやすい感じはします。強いて言えばリッチーが柔らかいですが、勝手にデスマーチで起きてることも多いです。

活性蘇生の難点

活性蘇生は強いスキルですが、今までに書いてきたこと以外にも難点があります。

まず僧侶の救出と相性が悪いです。救出で活性蘇生ができないのは書きましたが、それと同時に貴重な救出回数がただの浪費になってしまうのが痛いです。
対処としてはファウスト先生を脆く、他のメンバーを硬くして、1ターン目にファウスト先生が確実に活性蘇生し、なおかつ他に死んでるメンバーがいないようにするぐらいです。つまり根本的な解決はわかりません。

次に安定感がありません。活性蘇生で得られるスキルはランダムですし、2回目以降の即時蘇生は確率ですし、救出回数は無駄遣いするしで不安要素は山積みです。
基本的に攻略時のワンチャンで使うか、即時蘇生の確率をあげるかでどうにかしましょう。あとはパーティ全体の質を高めることも重要です。

そしてこれがある意味致命的なのですが、死なないと蘇生できないのでファウスト先生を殴り倒せる火力が敵にないと詰みます。
一つの例ですが、私は空中遺跡で結構苦戦しまして、原因は敵にスカイブロッブしか出現しなかったとき、ファウスト先生が死ねず活性蘇生できなかったことでした。敵はファウスト先生を殺せないし、こっちは敵を倒せないしで時間切れになっていました。
対処はこれまたパーティの質を高めることですね。ファウスト先生におんぶに抱っこだと何ともならないことも多くなるので、並び立つことのできるアタッカーを用意しましょう。
そしてこれは対処ではないですが、終盤は耐性をしっかり積んでも死んでしまうような苛烈な攻撃がたくさん飛んできますので、いらぬ心配であるとも言えます。

要するに何が致命的だったかと言えば、初心者向けに書いている記事でお勧めしている戦法なのに初心者しか引っかからないような詰みポイントがあるところなんですね。
しかし、冒ギルに最強キャラも最強パーティもないという先達のお言葉もありますし、その時はなんとか解決策を考えてほしいなと思います。

まとめ

高いレア倍率、お手軽に強い初期スペックを持ち、将来性もありながら、デメリットと使いづらさの数々によって確実に我々に考えることを強いてくるファウスト先生は、ギルドマスターにとっても先生なのかもしれません。

ファウスト先生を、使おう!

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

冒険者ギルド物語2

ゲーム紹介
前作

データ

アイテム
モンスター
スキル
種族
魔造生物
職業
個性

セクレタリについて

セクレタリとは
記事構文一覧

最新の5件

おすすめ投稿

メニュー
読み込み中