さふぁり
1436 views
タグを編集する

編成紹介#3 過呼吸周回編

どうも、さふぁりです🦁

中級掘り出しを初めてしばらく経ち、そろそろ神魔周回の行き先を変える必要が生まれました。今回は神魔周回の行き先を考えつつ、それに合わせて編成を作っていきましょう。

周回先

まず大事な部分、行き先を決めます。
中級掘り出し前までは「中級以上の宝石を落とす神魔を中心に回る」が基本でした。しかし中級宝石の掘り出しを始めた今、これに縛られた周回先である必要はありません。
これを踏まえて、以下の条件を前提に周回先を決めます。

○最高級掘り出しを主目標とするため、これを落とす神魔を中心に回る
○超レアが付いてほしい神魔レアがある神魔をなるべく回る
○1セット約30分くらいになるように周回先の時間を調整する

image

はい。
30分の中で最高級チャンスが18回もあります。最高ですね。
これらに向かわせるようにパーティーを構築していきましょう。

1PT目-鳥居・地下F

目的:最高級宝石、建御雷神剣、七支刀、天帝の杖

image

旧1軍が鳥居部隊だったのでほぼそのまま流用。前回の編成から変わったところといえば尸侍戦がピ忍戦になったことくらいです。

基本的にはレオンになんとかしてもらうコンセプト。鳥居でたけみーの雷鳴剣が僧侶にヒットすると困るので僧侶2枚で対応しています。地下Fは強いレオンがいれば大体何しても勝てると思います。
ソロモンは過剰戦力だったので外して別の部隊に渡すことに。

2PT目-大蛇

目的:最高級宝石、国崩し、竜星弓

image

旧2軍をそのまま採用。サ魔がいれば楽だが抜こうとすると途端にハードルが上がるからやはり大蛇ほ難しい。
ベロちゃんに殴ってもらう…と見せかけてサ魔で吹き飛ばしてもらうコンセプト。地味に恐ろしい地下B(ミカエル)を倒せる実力のあるPTだが時間の都合で行かせられないのが残念。伝説大蛇を切って地下Bに行かせるか
迷うところ。

3PT目-帝都・魔性最終戦

目的:フォースピラー、アイテムでるでる、ドリームロッド、最高級宝石

image

ゲオルグを採用した部隊。
毎ターン確実に核を撃ってくれるゲオルグと高火力の尸剣でなんとかする構成。ゲオルグと帝都は相性微妙だと思っていたけど、毎ターン確実に核を撃てる点と地味に毒の刃が刺さって救出を削れるところが思ったより良かったですね。
ただ月1~2ペースくらいで事故るので何かしらのテコ入れは必要そう。

4PT目-竜の巣・地下A・E

目的:大地龍の杖、最高級宝石

image

旧5軍をそのまま採用。完全魔法オンリーのPTだがサ魔がとにかく強いので大体何とかなります。
地下Eのルシファーが必殺無効を持っているため、サ魔の必殺率を80%まで落として対応しましたが、今のところ支障はなさそう。ただキンドレ編成への対応力が落ちているのでいつか事故りそうだなーという心配も。

5PT目-レバノンの森・ラルバ遺跡

目的:冥界の鎧、方天画戟

image

某キチ先輩のアドバイスを元にパク…リスペクトした編成。
セッタに動いてもらってなんとかする構成、それまで攻撃を耐えて貰わなくてはいけないので尸戦士を前に立たせています。ただしセッタだけではアタッカーが足りないので尸戦士とピグ忍Mにサブアタッカーをさせています。
尸戦(剣)は高い鎧倍率で防御を稼ぎ、攻防戦術で攻撃力に変えて鉄拳制裁で殴る構成。雑魚散らしくらいの仕事はこなせます。
セッタの完成度が上がれば宴にも持っていけるが流石にまだ厳しいかも。

6PT目-アマゾネス・森の地下遺跡

目的:天翔ける戦車、断罪のサーベルなど色々

image

ファリアとゴリアテを入れつつ何か良い感じのPTに出来ないかな…と思った結果、なんとも微妙な構成になってしまったの図。ファリアの前職がトレハンに寄与しないのが意外と辛く、編成が歪む要因になりがち。
個人的にはいつか手直ししたい編成です。

7PT目-最終戦

目的:最高級宝石、断罪の黒衣

image

今回の再編で一番チカラを入れたところ

最終戦では断罪の黒衣以外に欲しいものが特になく、どちらかというと宝石狙いで回りたいと考えています。宝石ドロップにレア倍率は関係ないとされているため、NPCを入れずに他に回すことでレア倍率の有効活用が出来ると考えたわけです。
なので恐ろしい最終戦を「NPCなし、トリプルピグ(運最大)で」安定してクリアするために色々考えた結果、二僧で初撃を耐える構成にすることにしました。

ピグ戦士を前に立たせているのはちょっとチキンな気がしますが、少しでも事故確率を落とすために採用。ソロモンの指輪を持たせているため個性の自由度が高くなっており、自由になった枠を「捨て子」にして、ハデスの攻撃を少しでも耐えられるようにしています。正直耐えられているかは怪しいですが…

尸盗賊はブレス役。取り巻きのスフィア達を焼き払う仕事をしています。ブレス威力最大で物理耐性1%を達成しており、長年貯めてきたリソースが実を結んだ実感を一番感じたビルドでもあります。

image
image

156倍ブレスはバベルでもかなりの実績を誇るので、彼には頑張ってもらいましょう。

その後

これだけ色々綿密に組んどいてアレなんですが、「鳥居の周回効率を落としたくなくね?」という意見を聞いて、「いや実際そうだな」となったので過呼吸周回はボツになりました。なにせクローン神魔は時間効率はいいもののチケット効率が最悪で、副産物もないので旨みが少ないのです。時間が余った時やスキマで回すべき場所ということですね。
なので現在はこの編成を使いつつ別のルートで回ってます。最終戦はちゃんと回っているので7PT目を組んだ意味はあったのがせめてもの救いでしょうか。

自分は結局やりませんでしたが、過呼吸周回自体は宝石が欲しいならまあまあ有効なので最終戦撤退だけでは物足りない方はやってみてはいかがでしょうか。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

冒険者ギルド物語2

ゲーム紹介
前作

データ

アイテム
モンスター
スキル
種族
魔造生物
職業
個性

セクレタリについて

セクレタリとは
記事構文一覧

最新の5件

おすすめ投稿

メニュー
読み込み中