さいく
2561 views
タグを編集する

現像

写真とセットで出てくる言葉である現像。昔はフィルムを、所謂写真にする工程をそう呼んでいましたが、今はデジタルが主流なのでちょっと意味合いが変わります。

悪しきもののように言う人もいたりするのですが、基本はやったほうが色々面白いことができます。

RAWの存在、画像との違い

RAW = 生
カメラで撮ったその瞬間はデータなわけで、画像ですらないです。これをRAWデータといいます。じゃぁなんで画像としてみえるかって、カメラが即座にJPEGに現像しているんですね。スマホでも同じことです。つまり現像という工程を経ていない写真はないんですが、自分でやるか勝手にやられるかの違いを現像をする、しないと言ったりします。そして現像するにはこのRAWデータが必要です。

何故RAWである必要があるの?

若い人だとこれ本当に感覚がない方もいるみたいなんですが、JPEGってのは圧縮しているんですよ。つまり画像として成り立つ以外の情報は基本消していると思ってください。対してRAWは良くも悪くも画像ですらないので、全てのデータがまだ存在しています。全てのデータっていうと伝わりにくいんですが、RAWは光の強さとかを記録しているのに対して、JPEGはそれが何色かを記録しているみたいな。細かく書くと誰も読みたがらないし、大雑把に言うと語弊がある感じです。

まぁ単純にデータが多いので「ここ明るくしたいな?」「ここは違う色にしたいな?」みたいなことがRAWじゃないとし辛いんです。

どうやるの?

まずRAWデータで保存するところからはじめます。カメラの場合、RAW保存かJPEG保存か選べます。スマホでもアプリを利用することでRAW保存できます。

そして上述の通りRAWは画像ですらないので、RAWをみることができるアプリも必要です。

Lightroom
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.lrmobile&hl=ja
https://itunes.apple.com/jp/app/adobe-lightroom-cc/id878783582?mt=8
※ URLはAndroidとiOS用

まぁこんなものを使います。

で、実際どんなことができるの?

画像は貼らないで行こうと思っていましたがこればかりは論より証拠だ!

before
image

after 
image

上の画像はカメラ現像のままにした感じです。「見たまま」だとまぁまぁbeforeなんですが「感じたまま」はafterだったんです。
※ adobeのコピーからパクってます。

これはどういうことをしたの?

現像は大きく2つの行動にわけられます。

ミスをどうにかする
感じたままにする

上の画像はどちらも行っています。

水平を調整(トリミング)
僕はこの情景にノスタルジーを感じたので色味をフィルムっぽく
砂にコントラストがなくて分かり辛いのでコントラストを強く
少し暗かったので明るく
色収差を一応自動補正

以上です。
ちなみにこれ慣れると1分かかるかどうかで終わります。どっちが良い悪いではなく「撮った僕がそうしたかった」というのが大事!

よくある勘違い

フィルムのときはこんなじゃなかった。写真の趣がない。
→ フィルム現像も補正バリバリです。

RAWは高画質!
→ データ量の多いところから自分で間引きをするだけなので画質は変わりません。

RAWで撮らないやつはクソ!
→ 好きな方でやればいいです。

雑まとめ

RAW現像をおぼえると、より写真を楽しめる可能性が高いです。意外とハードルも低いです。わーい。

この記事はどうでしたか?
👍&ツイートをお願いします!

コメント

コメントにはログインが必要です

さいく
33 投稿

アイコンがかわいいだけのひとです?

冒険者ギルド物語2

ゲーム紹介
前作

データ

アイテム
モンスター
スキル
種族
魔造生物
職業
個性

セクレタリについて

セクレタリとは
記事構文一覧

最新の5件

メニュー
読み込み中